INFORMATION

藤原新 選手

2019/04/02

昨日は新元号『令和』に日本全国が沸いた一日でしたが、

夜のWEBニュースでSEVスポーツアスリートのマラソンランナー『藤原新』選手が第一線を退き、『スズキ浜松AC』のヘッドコーチに就任したニュースが配信されました。

 

想えば2011年の12月からマラソントレーニングに帯同し、ロード用自転車とIpadを腰に装着し、設定ペースで藤原選手の前を走り、その独特な練習方法は、藤原選手のアイデアから生まれた独自のスタイルでした。

 

内容も常にレースペースを想定した、高負荷なスピード持久系トレーニングを積み重ね、『東京マラソン2012』では、2時間7分48秒の自己ベスト記録で2位(日本人1位)でゴールしました。

 

『ロンドンオリンピック』マラソン日本代表にも選出されるまでに、その実力を開花させました。

 

次の目標は世界一。

そこに向かってアメリカ・モントレー、スイス・サンモリッツ、ドイツ合宿と日を追うごとに強く、速くなっていく彼の姿を直視できた時間は良い体験でした。

 

しかし、『ロンドンオリンピック』では苦杯を喫しました。勝負の世界は本当に解らない、そして、残酷なものだと、言葉が出ないほど呆然と、そして悔し涙しか出ない時間を味わいました。

 

この時間は今となっては貴重な財産です。

 

その後は怪我と治療、そしてレースに挑むと言う時間が流れていき、ここ数年は怪我の度合いが重く、回復までの時間が長くなる傾向となっていました。

 

しかし、藤原選手の練習スタイルに魅了される、他のマラソンランナーも現れ、選手独自のスタイルでマラソンレースに挑む、他の選手の姿を見ると少しばかり嬉しくなります。

 

多くのアスリートに携わる環境にいますが、藤原選手ほど身体のこと、マラソンのこと、勝つ上で必要な練習メニューなど国内、海外の文献を読み漁る選手は見たことが無く、自ら学ぶ姿勢は素晴らしいとしか言いようがありません。

 

今後は『プレイングコーチ』と言う立場になると思いますが、藤原選手も現役を引退したわけではないので、自ら走りながら、多くのことを学びながら、他の選手達にその姿を見せてあげて欲しいです。

 

他の選手達は、その姿を直視し、自ら学んでいってほしいと思います。

 

藤原選手には新しい元号、『令和』に相応しいチーム作りを期待し、引き続き、応援していきたいと思います。

藤原新 選手

2019/07/03

華々しいスポットライトの裏側では、世界各地での大会や.....

友野一希選手
神野大地選手

2019/05/16

SEVをご愛用いただいいている神野大地選手.....

2019/05/14

井上選手モデルの3Gがしっかり映えてますね!! .....

ボクシング 井上選手
SEVソールfit

2019/05/17

SEVをご愛用の皆さん。そして、SEVほしいけど.....

藤原新 選手
友野一希選手
神野大地選手
ボクシング 井上選手
SEVソールfit
友野一希選手
神野大地選手
ボクシング 井上選手
SEVソールfit

友野一希選手
神野大地選手
ボクシング 井上選手
SEVソールfit